業績は、売上高が前年比16.4%増の415億8200万円、営業利益22.3%増の78億1700万円、経常利益23.6%増の71億5800万円、親会社株主に帰属する当期純利益21.5%増の51億900万円と、昨年度の減収減益から一転、増収増益となった。

ASRock LGA1200マザーボード Z590 Steel Legend

染毛剤部門は17.6%増の148億1300万円。「オルディーブ アディクシー」が34.2%増と引き続き拡大したほか、「ヴィラロドラ」は、窓口軒数が11.7%増、販売高が11.0%増と、ともに順調。基幹商品の「ヴィラロドラ カラー」も11.3%増と引き続き順調な推移を示した。ただ、染毛剤カテゴリーに関しては「白髪染めの線引きがいいのかどうか」といった今後の課題も示した。

化粧品部門は、紹介活動の制限が影響し計画未達も60.6%増の5億7900万円と堅調だった。主力の「インプレア」は、窓口軒数が71.2%増、販売高が60.6%増となった。

【ポポ様専用】green label relaxing キャミフレア 水着

ポップアップ切り絵「ペンギン合コン」

ASUS ROG STRIX B660-G